TOEFL iBT受験してきました!

今日はTOEFL iBTを受験してきました。初挑戦でした。

以下、受けてみての所感です。


まず会場に着いてびっくりしたのは、「みんな若い!」。30人くらい集まっている中で、おじさんは私だけでした。TOEFLの性格上当然といえば当然ですが、英検一級の会場とはまた違う雰囲気ですね。あと、半分以上が留学生だった印象です。

次にこれは自分のふがいなさにびっくりしたのですが、「私は試験の内容を漏らしません」という趣旨の文章を「筆記体もしくは崩した字体」で書き写した時です。中高生時代はもっと筆記体ですらすら書けていたのですが、ここ20年くらいはずっと英文を書くときは活字体をベースにところどころ筆記体を取り入れた適当な書き方をしていたので、筆記体が全然思い出せない!受付では見本を用意していて、最初に「見ながら書きますか?」と聞かれたのですが、「いやいや、筆記体なんか見なくてもさすがに書けますよ」と思いながらお断りしたことをしばし後悔。いくら最近書いてなくてもすぐに思い出すと思ったのですが、年を取ったんですねぇ。ある意味今日のテストの最難関でした(笑)。


そしてテスト。まずはリーディングセクションです。
今日あわてて読んだ「TOEFL iBTテスト完全教本」によると、パッセージを6分以内で読めるようならまずは一度目を通した方がいいと書いてあり、例題を一問解いたところ6分以内に読めたので、最初のパッセージはまず通し読みする戦略で。6分以内に読み終えて問題を解き始めるも、一問一問に時間をかけすぎてしまい、結局最初のパッセージで20数分も使ってしまいました。

合計60分3パッセージの試験でこのペースはまずい、ということで次のパッセージでは通し読みはやめて最初から問題を解く戦略に切り替えたのですが、それでもキャッチアップできずに第二パッセージが終わった段階で45分経過。

じっくり考えてはだめだ、ぱっと見てぱっと正解と思える選択肢があったら迷わず選ぼうとさらに戦略を微修正し、第三パッセージを何とか時間内に解き終えて終了。一応最後まで解けましたが、最後に行けば行くほどいい加減な答え方になってしまいました。。。


続いてリスニングセクションです。

ここ最近ポッドキャストで英語を聞き続けている成果か、都度都度の内容はかなりクリアに聞き取れたのですが、ロジックや流れを意識しながらの全体把握が自分はまだ弱い印象でした。

あとこれは英語力とは関係のない話ですが、会話+講義二つを1セットとして、それが3セットあるという試験構成が分かっておらず、最初の1セットが終わったところでてっきりリスニングが終わりと期待してしまっていました。そうしたところさらに試験が続き、「あれ?まだ続くの?」と思うことに。実は、受付直前にトイレは済ませておいたのですが、第1セット終盤からさらにまたトイレに行きたくなってしまっていたのでした。。。「もう少しもう少し」と思っていたところでまだ続くことが分かり、一層のショックを受けながら第二セットに突入しました。

だんだん集中力を欠いている自分に気付きながらも、頑張って解いていたのですが、第二セットが終わった後さらに続きが。。。「やっぱりそうだよね」と思いながらなんとか耐え、最後まで解き終わりました。最後の方は全然覚えていません。変な話ですいません。。。


10分間の休憩後スピーキングセクションです。これもリーディングやリスニングとは別の意味で時間との戦いでした。言いたいことは思い浮かぶのですが、ちょっと言い淀むと時間内にまとめきれず、最後まで言い切れない、という問題が多数ありました。45秒とか60秒とかでまとめて話す訓練が必要ですね(←アタリマエ)。


そして最後にライティングセクション。二問あるうちの最初の問題は十分推敲の時間もとれ、後の方の問題も300語以上にするのに少し苦労しましたが何とか時間内に終えることができました。4つのセクションの中で、一番落ち着いて解くことができたように思います。


全体を通して、試験時間はもちろんTOEICよりも長いのですが、TOEICの苦行のような二時間と比べるとまだテスト構成が配慮され、集中力を保ちやすかったように思います。試験中にメモを取ることができたり、PCの操作とメモとの間で行ったり来たりすることが適度な気分転換になったのかもしれません(もしかすると単に私が初受験で適度に緊張して集中できただけかもしれませんが)。


それぞれの点数は、初受験なので全く予測できませんが、セクション間の相対でいうと

リーディング=リスニング<スピーキング<ライティング

の印象です。


TOEFL は10日で結果が分かるようなので、その速さもうれしいですね(TOEIC SWは30日(web上ではその一週間前なので23日)も待たされたので、少し待ちくたびれました)。結果が届いたら、また報告します。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
初受験お疲れ様です。

SWの結果や語彙力の記載を見るに、もしかしたら一発でC2レベル到達して
しまうのでは?と勝手に思ってしまいました。
筆記体はともかく、トイレ関連の調整は資格試験の際、意外と盲点になりますよね。
英語についてコメントを残せないのが悔やまれます。

結果が出るのは早いとのこと。
よい知らせが届くようそっと祈っています!

No title

gogakutanさん:

暖かいメッセージありがとうございます!
いやいや、いきなりC2なんていうそんなうまい話はないですよー(笑)。

語彙力はいい数字になってきていますが、TIMEを読んでいてもまだまだ不足を実感しますし(これについてはボキャビル方針を修正しようと思っています;近々アップします)、TOEICも990点を取った後、全然再現できていませんから。。。今回の結果次第で分かってくるところですが、おそらくリーディングが相対的に弱いのだと思います。多読で伸ばそうとしていますが、普段の多読では理解度チェックなどはないので、ひょっとするとTOEICなりTOEFLなりの問題を解く機会をもう少し増やした方がいいのかもしれません。バランスですね。

今回のTOEFLでは何とか100点以上を取って、英語好きさんが作成されて英語教師さんがC2の呼びかけで使われていた表の、「C1-C2レベル」に入れるといいな、という感じです。

トイレは盲点でした。TOEICでも英検でも、こんな経験は初めてです。。。途中退出が許可されているかなど、試験ごとにあらかじめ把握しておく必要がありますね。
プロフィール

englishlove40

Author:englishlove40
英語を勉強中の40代(♂)です。よろしくお願いします。


受験成績など
TOEIC
2013/01 990
以降何度も受験するが不安定。。。

TOEIC SW
2015/08 S190 W180

英検一級
2014/11 合格(93/113、95/100)

TOEFL
2015/09 99(R28/L23/S24/W24)

Versant
2015/06 68

TestYourVocab
2014/07 14000
2014/08 12200
2014/09 12100
2014/12 12800
2015/02 14500
2015/05 14600
2015/08 15300
2016/01 14700
2016/03 15400
2016/07 15600
2017/04 15700

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR