FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

indictの発音

11/23 のエントリーの最後で問題を出した「indictの発音は?」の答えです。


















答えは、[indáit]です。「非難する、告発する」、という意味です。

普通に考えたら発音は[indíkt]なんですけどね。。。

この単語はもともとはenditenという綴りだったそうなのですが、16世紀以降に起きたLatinizationという動き(語源となるラテン語の単語とのつながりをより明確にしようとする動きで、要するに「綴りをラテン語っぽくしたら、知的に見えてかっこいいよね?」という動き)の一環で、1600年頃から綴りにcが付け加わった、indictという綴りが見られるようになりました。

というのも、語源としてはこの単語はindictareというラテン語に由来する単語だからで、すでに何百年も前にcという綴り字が抜け落ちていて、発音も[indáit]になっているにもかかわらず、あとから発音はそのままでcを付け加えられたそうです。

つまり、もともと発音が[indíkt]だったのが変化した、、、ではなく、もともとなかった綴りが人工的に付け加えられたわけです。

なんとも学習者にとっては迷惑な話です(笑)。

ところで、同じenditenから枝分かれした単語でinditeというものがあります。こちらは「書く」、という意味でスペルミスではありません。ややこしいですね。。。

ちなみにLatinizationの影響を受けた単語は他にも、debt, doubt, receiptなどがあります。それぞれ語源としてdebere, dubitare(dubiousの語源であるdubiusと関連), recepta(receiveの語源であるrecipereと関連)を持つのですが、一旦数百年綴りや発音から抜け落ちていた b や p が、16世紀になって再度人工的に付け加えられたそうです。

面白いのはislandで、これは語源がigland。このigの部分はゲルマン語由来なのですが、insulaというラテン語と誤って結び付けられ、sが追加されました。

一方で、本当にinsulaを語源としながら長い間の変化でnsが抜け落ちていたileという単語にもsが付け加わり、isleになりました。これで奇しくも語源的に全く関係のないislandとisleがあたかも同源であるかのように落ち着いてしまったわけです。ただ、こちらはisland-isleと関連付けて覚えられるので、学習者にとってはありがたい誤解ですね(笑)。


このブログを書くにあたって調べものをしていると、さらに凶悪な単語に出会いました。

さて、なんと読むでしょうか?
victual

























答えは、[vítl]食糧という意味だそうです。

この単語もLatinizationの被害者(^^)で、14世紀にフランス語から入ってきた時はvitailleだったのに、16世紀のLatinizationでラテン語の語源victuāliaからcやらuやらが綴りに再導入されたそうです。

英語のスペルと発音との関係には悩まされっぱなしです。。。
スポンサーサイト

テーマ : 英語・英会話学習
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

englishlove40

Author:englishlove40
英語を勉強中の40代(♂)です。よろしくお願いします。


受験成績など
TOEIC
2013/01 990
以降何度も受験するが不安定。。。

TOEIC SW
2015/08 S190 W180

英検一級
2014/11 合格(93/113、95/100)

TOEFL
2015/09 99(R28/L23/S24/W24)

Versant
2015/06 68

TestYourVocab
2014/07 14000
2014/08 12200
2014/09 12100
2014/12 12800
2015/02 14500
2015/05 14600
2015/08 15300
2016/01 14700
2016/03 15400
2016/07 15600
2017/04 15700
2017/08 17700
2017/11 20000

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。