FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Not for all the tea in China

先週下記の本をaudiobookで聞いていて、「not for all the tea in China」という表現に出会いました。



「中国で取れるお茶を全部くれるといっても〜ない」「どんなことがあっても〜ない」という意味だそうです。

いかにもイギリス発祥の表現だろうなぁと思って調べてみると、起源はオーストラリアだそうです。
https://www.phrases.org.uk/meanings/not-for-all-the-tea-in-china.html
https://english.stackexchange.com/questions/63479/origin-of-i-wouldnt-for-all-the-tea-in-china

中国のお茶っていうと烏龍茶やジャスミン茶を思い浮かべますが、ここでいうteaって紅茶ですよね?中国の紅茶ってあまりイメージがないな、、、と思って調べてみると、

http://www.ocha.tv/growing_regions/blacktea_producers/china/

中国って紅茶発祥の地だったんですね。知りませんでした。。。現在は中国での紅茶の生産量はあまり多くない(過去に多かったかは知りませんが)ものの、世界の主要産地の一つとして挙げられていて、安徽省でとれるキーモン茶は世界三大銘茶の一つなんだそうです。

こういうわかりやすい慣用句はすぐに覚えられそうでいいですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

englishlove40

Author:englishlove40
英語を勉強中の40代(♂)です。よろしくお願いします。


受験成績など
TOEIC
2013/01 990
以降何度も受験するが不安定。。。

TOEIC SW
2015/08 S190 W180

英検一級
2014/11 合格(93/113、95/100)

TOEFL
2015/09 99(R28/L23/S24/W24)

Versant
2015/06 68

TestYourVocab
2014/07 14000
2014/08 12200
2014/09 12100
2014/12 12800
2015/02 14500
2015/05 14600
2015/08 15300
2016/01 14700
2016/03 15400
2016/07 15600
2017/04 15700
2017/08 17700
2017/11 20000

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。