FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語を勉強していくとフランス語がわかる??

先日出張でフランスに行っていたのですが、とあるレストランのメニューにフランス語で

.... charcuteries/fromages


と書かれてありました。fromage=チーズ、というのは知っている。charcuterieとは、ん?、最近英語で出てきたぞ?確かハム・ソーセージの類だったはず、ということで大体の意味がわかったのでした。

後日charcuterieが出てきた英語の文章を確認したところ、この単語が出現したのはTime 6/19号の下記のくだりでした。

At happy hour, the lobby bar fills with guests nibbling charcuterie and sipping Trump-branded rosé beneath flat screens tuned to Fox News.


一応正確な意味を載せておくと、charcuterieとはCollins English Dictionaryによると「sausage, ham, cold cuts of meat, pâtés, etc.」とのことです。

また同じ出張で別の日にパリの市街を歩いていると「Chaise Longue」と書かれた看板に出くわしました。これも少し前に読んだ英文に出てきた単語です。「背もたれのある長いソファ」だったはず。こちらも帰って確認してみたところ、Mary Higgins Clarkの「Moonlight Becomes You」の一節で、

It's a better place for it, she decided, and get rid of that old chaise...And I'd keep all of Nuala's paintings that she had framed and hung.


という文章からピックアップした単語でした。chaiseは英辞郎によると=chaise longueとあり、chaise longueは「足を伸ばして載せられる、背もたれの付いた長いソファ」という意味とのことでした。

ということで、思わぬところで少し前に勉強した英単語がフランス語の理解に役立ったのでした。

ただ、ということはフランス人の英語学習者は、勉強することなくこれらの単語を(英語式の発音は別途学ばなければいけませんが)最初から知っているということ。フランス人が語彙力においてアドバンテージがあるのは当たり前といえば当たり前ですが、羨ましいですね。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

englishlove40

Author:englishlove40
英語を勉強中の40代(♂)です。よろしくお願いします。


受験成績など
TOEIC
2013/01 990
以降何度も受験するが不安定。。。

TOEIC SW
2015/08 S190 W180

英検一級
2014/11 合格(93/113、95/100)

TOEFL
2015/09 99(R28/L23/S24/W24)

Versant
2015/06 68

TestYourVocab
2014/07 14000
2014/08 12200
2014/09 12100
2014/12 12800
2015/02 14500
2015/05 14600
2015/08 15300
2016/01 14700
2016/03 15400
2016/07 15600
2017/04 15700
2017/08 17700
2017/11 20000

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。