1/14 ディクテーション結果

新年の目標で立てた週一回のディクテーション。二回目を実施しました。

今回は結果をブログに書き記してみます。題材は Scientific American の 

Which Came First : The Proboscis or The Flower? です。

(聴く前にタイトルを見るとヒントになってしまいますね。今回は幸いタイトルを見ないまま
ディクテーションに挑戦することができました。)

間違えたところを赤で示しています。

To learn about the plant life of long ago, scientists
dig through layers of the earth, looking for fossil clues, like
bits of fossilized pollen, a spores.

a spores ではなく or spores が正解。

a だと文法的に合わないことはわかりつつも、聞き取れませんでした。

ちなみに spore = 胞子
これは知らない単語でした。ディクテーションが行き詰まったら答え合わせする前に辞書
を引くようにしているのですが、その際に見つけて書き込みました。

That's where I come in, Timo van Eldak is an evolutionary
biologist at Hucheck university, and he was called into action
when his pollen-hunting pals noticed something altogether different
in a sample of sediment more than two hundred million years old, dug
from a thousand feet below the surface of Germany, they found bits
of insect.

Eldak ではなく Eldijk (発音はEl-daik)
Huckeckは全然違ってました。正解は Utrecht

固有名詞の聞き取りはいつも難しいです。英語圏でない名前だとなお難しい。

そんな中で、Timo van Eldijkさんの名前はかなり近かった!ここまで聞き取れたのは
嬉しかったです。

逆に Utrecht は聞き取りたかったですね。全く知らない大学名だろうと高をくくっていたら、
おなじみの都市でした(汗)。。。

I took a human nose hair because that's the way you isolate
these things, you have a needle tip to the human nose hair,
it's apparently you has? just a rise of spring is for the isolation,

tip to ではなく tipped with。そもそも意味が取れていませんでした。

後半は it has just a right springiness
その前に it's と既に言っているのに it has というのは言い直し? ここでまず混乱した上に、
right の t が次の s に埋もれている音声変化についていけなかったことと、ここで springiness
という見慣れない言葉がでてくることが予想できなかったことが敗因でした。

whose nose hair was it?

I don't actually know, there was a joke of one of
the professors, but we don't know.

本当は there was a joke going around it was one of the professors....
早口で聞き取れませんでした。

so, using someone's nose hair, van Eldak picked through
the sluggi? sediment and isolated the tiny scales of moth wings.
that's the stuff that looks like dust if you touch a
butterfly or a moth.

sludgy = どろどろの、ぬかるんだ
どこかで出会ったことのある単語の気がするが。。。答え合わせ直前の辞書引きでも
見つけられませんでした。

sediment は曖昧な記憶を辞書で確認。堆積物、という意味です。

scale = 鱗粉。
この意味があることは初めて知りました。文脈から想像はできましたが。。。
別の意味は「鱗」。鱗粉と日本語でも共通しているのは偶然?それとも顕微鏡で見ると
鱗粉が鱗に見えるから、とかでしょうか。。。(適当)

His team scanned the scales with an electron microscope,
and he made a crucial discovery, some of the scales were hollow
the fossile record shows that: 

first came the proboscis, then came the hollow scales,
we can then infer if we find the hollow scales,
there must already have been a proboscis.

proboscis = 蝶などが蜜を吸うための管(口吻(こうふん)、というそうです)
この単語はもちろん知らず、途中までは聞いたそのまま「proboscus」と書き記していました。
答え合わせ前の辞書引きで修正したのですが、辞書の発音と違うので混乱。インタビューされている
ユトレヒト大学の van Eldijk さんも podcast のナレーターも「pro-BOS-kus」と発音されていた
のですが、辞書では「pro-BO-sis」。謎のままです。

So what's the big deal
well, the finding these means the samples predate existing
evidence for the first butterfly tongues,
by seventy million years
which in turn implies that in early
version of the proboscis, which in modern insects
can pry into a flower's
nooks and crannies for nector appears to have
evolved before the appearance of flowers,
not as a response.

these の位置を間違えました。正解は the finding means these samples ....
the finding these なんて明らかに文法的におかしいのに、なぜ間違えたのか不明。

in early version of のところの正解は an early version of
that 節の主語になるべきところだし、version を無冠詞で使うのはおかしいので
文法的に考えて修正できたところでした。。。

cranny = 割れ目。こちらは辞書引きで確認。

the studies in a journal "Science" advances.

どこまでが雑誌名なのか最後まで判別できませんでした。
正解は the study is in a journal "Science Advances".
どうも自分は「主語+is」が「主語's」と縮約される場合に(あるいはそれくらいつなげて
発音される場合に)聞き取れないことが多いようです。

the early proboscis might have been used to pluck
drops of liquid, from the tips of ancient forms of
today's pine tree counts.

正解は cones。pine cone = 松ぼっくり、というイメージを持ちながら聞き取るべき。

and its clear that these sucking tongues
underwent a lot of remodeling
after the emergence of flowers too,
as flowers and modshico evolved.

いや〜全く聞き取れず笑ってしまいました(笑)。せめて聞こえたままに書いてみようと思って
記してみましたが、答えは moths co-evolved.

but van Eldak is hoping insect scales might become more widely used.
as a tool to investigate the ancient world
we are hoping that people will start recognizing that mean other places

them in のはずが that mean に聞こえてしまいました。。。答えがわかった後に聞くと
何でもないんですが、聞けないんですよね。。。

you can even imagine sort of a scenario in which we can
reconstruct vast eco system based on the scales that you
find in a core mod she won the way you follow now.

前半は past ecosystems。最初 past と書いていて、あとで vast に変更してしまいました。
でも vast だと意味が通りませんよね。
後半は similar to the way we do with pollen now.こちらはわかった後でも聞き取れません。
similar の前に謎の m 音が聞こえるんですよね。。。we do も二回言ってる?

all scientists have to do is follow their noses.
or at least, their nose hairs.

これは問題なし。



以上です!かかった時間は2時間弱で、聞き取れなかった箇所多数。。。自分のリスニング力
の弱さが浮き彫りになった気がします。

これを続けていれば強化できるかも。。。引き続きがんばります。

プロフィール

englishlove40

Author:englishlove40
英語を勉強中の40代(♂)です。よろしくお願いします。


受験成績など
TOEIC
2013/01 990
以降何度も受験するが不安定。。。

TOEIC SW
2015/08 S190 W180

英検一級
2014/11 合格(93/113、95/100)

TOEFL
2015/09 99(R28/L23/S24/W24)

Versant
2015/06 68

TestYourVocab
2014/07 14000
2014/08 12200
2014/09 12100
2014/12 12800
2015/02 14500
2015/05 14600
2015/08 15300
2016/01 14700
2016/03 15400
2016/07 15600
2017/04 15700
2017/08 17700
2017/11 20000

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR