過去の英検のCSEスコア

いつの間にか、過去に受験した英検の素点を元にCSEスコアが確認できるようになってますね。

そこで、2014年に受験した英検の結果を引っ張り出してきて入力してみました。結果は下記の通り:

CSEscore201402.png

よくネットでは3000点がひとつの目標として挙げられたりしていますが、たしかに遠い。。。がんばろう!

あ、あとここの「Point1 英検CSEスコアのしくみ」によると、C1のレンジが2600〜3300となってますね。私は2855点なので中間地点にも至っていない。C2も遠いなぁ。。。


しかしこれ、過去の合格最低点と、CSEでの合格点(一次試験:2028点、二次試験:602点、合計2630点)って絶対ズレがありますよね。。。過去に合格した人が、CSEを確認してみたら2630に満たなかったり、その逆だったり。。。その意味では、こうやって過去の素点を元にCSEスコアを確認することができるサービスっていうのは、ある意味協会の「英断」ですね。ありがたいことです。

英検1級2015年度第1回の問題を解いてみました

英語教師さんのブログで、「第1回英検コンペ」の開催が正式発表されましたね!
http://daigakukarasoccer.blog112.fc2.com/blog-entry-266.html
このコンペはC2プロジェクト以外の方もビジターとして参加できます。ぜひみんなで参加
して盛り上げましょう!


さて、このコンペに先だって前回(2015年第1回)の問題を解いておこうと前々から思って
いましたので、本日実施しました。ライティングの問題は解かない代わりに筆記試験は
試験時間を30分短縮して70分で行いました。

結果ですが。。。2014年第3回の問題を解いてみたこのときとは違い、なかなか満足の
いく点数でした ^^

筆記
大問1 ......... 21/25(21/25点)
大問2 ......... 6/6(6/6点)
大問3 ......... 9/10(18/20点)

リスニング
Part 1 .......... 10/10(10/10点)
Part 2 .......... 9/10(9/10点)
Part 3 .......... 4/5(8/10点)
Part 4 .......... 1/2(2/4点)

合計 ............. 74点(R45/51, L29/34) + 作文??点(合格最低点83点)

合格最低点が過去最高の83点だった回ですので、全体の難易度は低めだったのかもしれ
ませんが、来週の英検コンペでの自己目標点 R46/L30 達成に向けて、弾みがついたよう
な気がします!


今日は実はとある工夫を使ってみました。この工夫は、2014年第2回を私が受験した時に
用いた工夫で、2014年第3回の問題を自宅で解いた時には使わなかったものなのですが、
それは「筆記試験を逆順に解く」です。

英検1級の配点は、大問1と2が一問1点であるのに対して、大問3は一問2点、そして大
問4(ライティング)が一問28点です。昨年受験したときには、「高い配点の問題にじっくり
時間を割こう」ということで、4→3→2→1の順で解いてみたのです。

もちろん大問1から順番に解いてもペース配分を間違わなければ問題ないのですが、一度
やってみたところどうも大問1に時間をかけすぎてしまい(しかも知らない単語は考えてもしょ
うがないはずなのに、考えてしまう)、後の方であせってしまうという事態に陥ってしまいまし
た。。。今日改めて逆順で解いてみたところ、配点の高い大問3をゆったりした気持ちで考
えることができ(それでも一問間違えましたが^^;)、なかなか良かったです。

来週の英検コンペでもこの作戦で行こうと思います。


ではでは、コンペ参加予定の皆さん、来週は頑張りましょう!
また、実際に受験される方々、ご健闘をお祈りします!

英検サンプルテスト

日本英語検定協会から今日ハガキがきました。英検はなにも申し込んでいないので、何
だろうと思って見たところ、「英検サンプルテストのご案内」とのこと。2014・15年度に受験
した人から無作為に抽出しているそうです。

英検というと、去年30年以上ぶりに一度受けただけなので、すごい確率で当たったのか、
ひょっとするとそういう人を優先的に選んでいるのかもしれません(←「無作為」と書いてある
のに疑っている人)。

テスト内容は「筆記・ライティング」と書いてありました。少しネットで調べてみたところ、過去
の例ではテスト内容は「筆記・リスニング」で、筆記に関しては大問1(単語・熟語の穴埋め)
形式の問題60問をひたすら50分で解く、リスニングもパート1(ダイアローグを聞いて設問に
答える)形式の問題60問をひたすら50分で解く、という形式だったようです。

今回はその「リスニング」が「ライティング」とありますが、大問1形式の問題60問+エッセイ
ライティングを合わせて80分とか90分で行うのか、それぞれ時間を区切って行うのかはわか
りません。わざわざライティングのサンプルテストを費用をかけて行うということは、出題形式
もしくは採点基準を変更するの予定なのか?などと妄想してしまいますね。

受験料は不要、謝礼として1000円分の図書カードを頂けるとのこと。今個人的に力を入れて
いるライティングを、本物の機関が本物の基準で採点してくれる(それも無料で)なんて、なん
とすばらしい!!!と早速申し込むことにしました。

試験日は11/29だそうです。またレポートします。

英検1級2014年度第3回の問題を解いてみました

本日は気分転換に、英検1級2014年度第3回の問題を解いてみました。

実はTIMEの多読ももうすぐ50冊を迎えます。英語上達完全マップのこのページによると、

「タイム」「ニューズ」ウィークを100冊もカバー・トゥ・カバーで読めば、日本で施行されているあらゆる英語関連試験の読解問題は、非常に簡単に感じるでしょう。


とありますので、100冊とはいかないまでも50冊も読めば英検1級の問題もさぞかし簡単に感じられるのではないか、という淡い期待を抱いて臨んだのですが。。。結果は玉砕でした。orz...

まずは比較のために、去年私が受験した2014年第2回の結果からご紹介します。

筆記
大問1 ......... 20/25(20点)
大問2 ......... 5/6(5点)
大問3 ......... 10/10(20点)
作文 ............ 20/28(20点)

リスニング
Part 1 .......... 9/10(9点)
Part 2 .......... 9/10(9点)
Part 3 .......... 5/6(6点)
Part 4 .......... 2/2(4点)

合計 ............. 73点 + 作文20点(合格最低点80点)

でした。。。

そして今回(2014年度第3回)の結果です。ちなみに作文は解かず、作文に40分残すつもりで他の問題を60分で解こうと思ったのですが、実際は66分かかりました。

筆記
大問1 ......... 17/25(17点)
大問2 ......... 5/6(5点)
大問3 ......... 8/10(16点)

リスニング
Part 1 .......... 8/10(8点)
Part 2 .......... 8/10(8点)
Part 3 .......... 4/6(8点)
Part 4 .......... 1/2(2点)

合計 ............. 64点 + 作文??点(合格最低点77点)

合格最低点がかなり低かった回なので難しかったのだとは思いますが、それにしてもショックでした。

- 語彙力が以前より着実に上がっていると思っていたのに、かなり下がった。。。
- 読解問題が全然「簡単に感じ」られなかった。。。
- 合計点数が上がらないばかりか、かなり下がった(この1年さぼってたわけじゃないのに)。。。

最近多少はTIMEが読みやすくなったなぁ。。。と思っていただけに、「何を甘いことを言ってるんだ!」とガツンと頭を殴られたような気分です。。。

とはいえ、英語学習なんてこんなもんでしょう。上達したと思ってはショックを受けて、また上達したと思ってはショックを受けての繰り返し。それでも地力は着実についていっているはずなので、頑張って勉強を続けていきます。

C2でも次の英検でコンペをするそうですので、それまでにもう一回分(2015年第1回の分)を解いておこうと思います。
プロフィール

englishlove40

Author:englishlove40
英語を勉強中の40代(♂)です。よろしくお願いします。


受験成績など
TOEIC
2013/01 990
以降何度も受験するが不安定。。。

TOEIC SW
2015/08 S190 W180

英検一級
2014/11 合格(93/113、95/100)

TOEFL
2015/09 99(R28/L23/S24/W24)

Versant
2015/06 68

TestYourVocab
2014/07 14000
2014/08 12200
2014/09 12100
2014/12 12800
2015/02 14500
2015/05 14600
2015/08 15300
2016/01 14700
2016/03 15400
2016/07 15600
2017/04 15700
2017/08 17700

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR